6月に始めたYouTubeチャンネルの登録者が100人に達したのを、苦言コメントを受けたと同時に知り、複雑な気持ちで朝を迎えた。

まず初めに、YouTubeを始めた最初の目標であった、チャンネル登録者100人を達成できたことへの喜びと、多くの人に見てもらえることに対して感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

その中でも見ず知らずの人から応援されることは、とてもありがたいし心強い。

こんなに人の夢を応援してくれる温かい人達がいるんだということを実感する。

 

一方で見てくれる人が増えることで、応援してくれる人がいれば否定してくる人もいる。

お前には無理、才能ないんだから諦めて就職しろ、考えが甘いなど、長文でコメントをしてくる人が今の段階でいる。

ある意味、登録者100人前後でこんなコメント来る方が珍しいってくらいに言われることがある。

だから登録者も増えれば、そういった人も増えていくんだろうなと考えたら気が滅入る。

 

そういうのは一切無視するのが当然いいと思っていたけれど、実際に自分の立場になったらびっくりするくらいメンタルにくる(笑)

確かにそういう人の言葉は間違ってはいないと思うけど、別にそんなこと言わなても良くね?って思う。

 

YouTubeは自分の弱い部分も含めて、さらけ出しているから、そういう弱い部分に付け込んだコメントも覚悟しなければいけない。

そして夢を歩む道のりを、YouTubeを通して伝えていけたらと思う。

自分の経験、能力、に自信がない、サッカー関係なくすべての人に少しでも勇気を与えられる存在になりたいなと思う。

 

いつも見てくださり、応援してくださり、ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です