キリマンジャロ登山 持ち物 持っていって良かった物 レンタルで借りられる物

キリマンジャロ登山はツアーを組むことを義務づけられており、個人での登山は禁止されています。

そして私が利用したツアー会社はKiliclimbers というところで、日本人の利用度の高い会社です。

そこはレンタル用具が一部を除いてはすべてツアー費に含まれているため、手ぶらで来ても大丈夫というようなところです。

以下は私がレンタルで借りたものと一覧です。

  • 長袖シャツ 2枚
  • レインコート下
  • ウォームコート上下
  • フリース
  • ステッキ
  • ヘッドライト
  • 靴下2セット
  • 水筒
  • 登山靴
  • 氷点下でも耐えられる強度の寝袋
  • ポーターに運ばせる用の大きなバックパック(25ドル)

f:id:Queserasera00:20191122212043j:image

寝巻や着替えなどテントでしか使わないようなアイテムはすべてこの大きなバックパックに入れてポーターに運んでもらっていました。

バックパックに関しては別料金だったみたいで、25$別でかかりました。

 

基本的にはガイドさんが必要な物を選んでくれるので、言う通りにしてれば問題ありません。

 

次に私が日本から持って来た物です。

キリマンジャロ登山を通して役に立ったかを総合評価☆の数で表したいと思います!

☆は3つが満点です。

自分が持っていった物

  • ユニクロのジャケット ☆☆☆
  • ユニクロの極暖下着3枚 ☆☆☆
  • チャンピオンのトレーナー ☆☆☆
  • ワークマンで買った薄めの手袋と厚手の手袋 ☆☆☆
  • ユニクロの極暖の股引3枚 ☆☆☆
  • ワークマンで買った靴下2セット ☆☆☆
  • 防水のノースフェイス ジャケット ☆☆☆
  • ハーフパンツ ☆ (着る機会なし)
  • ロングパンツ ☆☆
  • フェイスタオル3枚 ☆☆ (布より速乾の方がオススメ)
  • サンダル ☆☆☆
  • サングラス ☆☆☆
  • ネックフォーマー ☆☆☆
  • ニット帽 ☆☆☆
  • 水筒 ☆☆☆ (魔法瓶であると良)
  • 洗面用具 ☆ (歯ブラシさえあれば充分)
  • ボディーシート ☆☆☆(シャワーを浴びる代わりに!)
  • 消臭スプレー ☆☆
  • 時計 ☆☆☆
  • スマホ、モバイルバッテリー ☆☆☆
  • 写ルンです ☆☆☆
  • アクエリアスの粉 ☆☆☆
  • お菓子 ☆☆☆☆☆ (辛い時の励みになる)
  • 味噌汁 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ (身体に染み渡る)

f:id:Queserasera00:20191122220053j:image

まとめると、

  • ユニクロ、ワークマン、ノースフェイスは防寒最強
  • Kiliclimbersは一部を除いてすべて無料レンタルできる
  • 日本のお菓子、味噌汁など持ってくれば体力回復

極寒のキリマンジャロでもユニクロとワークマンのアイテムはとても活躍したたのでオススメです。

またKiliclimbersのツアーはほとんどにツアー費で含まれているので、食事もアイテムも好きなだけ借りられます。

 

たくさん借りても大きなバックに詰めてポーターさんが運んでくれるので、あるに越したことはないと思います。

f:id:Queserasera00:20191122221152j:image

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です