一人旅 挫折 ケニアで引きこもりになった話

私がケニアを訪れた時、精神的なダメージケニア人から受け、引きこもりになってしまいました。

 

理由はケニア人に受け入れられなかったことです。

 

尋常じゃないほどのガン見

街を歩けば人々は目玉をおっ広げて私を見てきました。

前から歩いてくるケニア人は私を見たらすれ違って背中が見えなくなるまで見してきました。

チラ見ではないガン見です。

 

そんなの気にしなければ良いと思うでしょうが、肌が黒い分、白い目が目立つので、大きく開けた目はとても怖いものでした。

 

どこにいてもこの目から逃れる場所はありませんでした。

 

浴びせられる”Hey Chaina”

ガン見をしてくるほとんどの人は、チャイナ!と声を掛けてくるのが本当に嫌でした。

 

なぜケニア人は皆用もないのにチャイナ!と言って呼び止めてくるんだ!

なぜ国籍で声かけてくる!

Hi!How are you?でいいじゃん!

日本に黒人いても ヘイ!アフリカン! とは言わないでしょ!

 

帰りの空港での話だが、チェックインを終えフライト待合室ロビーに行こうとしたら、職員がちょっと待てと言うふうに手招きしてきて、何か問題があったのかと不安になりながら行ってみると、その瞬間に 「コリアン?」と聞いてきた。

お前もか!さすがに腹が立って日本語で怒鳴ってしまったが、彼を含めケニア人は国籍を尋ねないと気が済まない文化なのかもしれないと思った。

 

 

もう外に出ればガン見&チャイナ攻めでさすが気が滅入ってしまい外に出るのが嫌になってしまいました。

 

しかし今思えばケニアの文化なのかもしれないと寛容にならなければいけないはずだったが、当時の自分はケニアでの出来事をネガティブに取られ旅を良いものにすることができなかったことが反省点だなと感じました。

 

まだまだ旅人として幼く世界に柔軟にならないといけないなと。

こうした反省は今後の旅にもしっかり活かして行きたいなと思いました。

 

結局ケニアでの期間はほとんど室内にいて、スマホをいじっていました。とてももったいない生活を送ってしまったため二度とこのようなことがないように向き合いたいと思います。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です