東ヨーロッパ縦断の旅 ブルガリアのソフィアを観光

次の日の朝、ブルガリアのソフィアの中心部を観光した。

昨日は夜に到着したためわからなかったが、ソフィアはとても落ち着いた雰囲気で、綺麗な町並みが広がっていた。

f:id:Queserasera00:20191217191659j:image

ブルガリアの面積は11万912平方キロメートルで、日本のおよそ3分の1で、人口は700万人と埼玉県の人口と同じくらい。

そんなブルガリアとは言えば、ヨーグルト

f:id:Queserasera00:20191217192633j:image

スーパーで買ったヨーグルト

値段は120円ほどで、正直日本のヨーグルト違いはわからない…

こっちは外で売ってたヨーグルトアイスクリーム。値段は500円くらいで、これはとても美味しい。

ソフィアの町は、徒歩で移動できる範囲で見れる綺麗な教会や町並み、首都のわりにごちゃごちゃしてない落ち着いた雰囲気、澄んだ青空などなどにいいなと思った。

f:id:Queserasera00:20191217193330j:image

f:id:Queserasera00:20191217193541j:image

f:id:Queserasera00:20191217193635j:image

f:id:Queserasera00:20191217193741j:image

途中でランチのために寄った、店主が日本好きのアットホームなお店に入った。

f:id:Queserasera00:20191217194131j:image

ケースの中から好きなものを取って食べるスタイルで、私は店主のお任せしてもらった。

f:id:Queserasera00:20191217194532j:image

ピラフとハンバーグの上にマッシュポテトが乗ってる料理。とても美味しい。

600円くらい

その後散歩しながら大満足でゲストハウスに戻った。

ゲストハウスに戻ると、2人の日本人がいた。

マルタ留学を終え、ヨーロッパを旅してから帰るという彼と、世界一周中の彼。

どちらも僕と同い年だった。

彼らと話して思ったのが、旅は人生と同じだということ。それぞれ目的、行きたい場所、求める物は違くて、それぞれにストーリーがある。

女を探して歩く旅もあれば、お金は気にせず遊びまくる旅もある。

私らは同い年で、1人旅という共通点があったものの考えでいること、やりたいことは全然違くて、こういう旅のスタイルもあるのかという新しい発見になった。

私は北を目指し、彼らは南へ目指して向かって、たまたまブルガリアのゲストハウスで交差した。そして次の日にはそれぞれ別の道を進んでいく。

旅での出会いは素敵だ。

グッドラック👍

f:id:Queserasera00:20191217202139j:image

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です