東ヨーロッパ縦断の旅 ウクライナの観光スポットをご紹介!

ウクライナはヨーロッパの東部ロシアに隣接する国で、面積は日本の約1,6倍あります。

これはヨーロッパではロシアに次ぐ第2位。人口は約5200万人で日本の半分ほどです。

ウクライナは長い間、ロシアやポーランドなどの国の支配下でしたが、ウクライナは独自の言語、文化、習慣を育んでいきました。

そして1991年に独立を果たします。

また2014年には、ウクライナ騒乱が起き、当時のヴィクトル・ヤヌコーブチ大統領の不正な取り決めに抗議する人々によって行われました。

政府軍と抗議軍との戦いは780人の死者、行方不明者を出しながらも抗議軍が勝利しました。

このような背景を持つウクライナは民族意識が強く、ウクライナ人であることへの誇りを高く持っているように感じました。

そんなウクライナのキエフの観光スポットをご紹介します。

マイダン(独立広場)

ウクライナ騒乱の時の、抗議軍の抗議活動の拠点であり、当時多くの人が集まり活動を続けた場所です。

政府軍からの攻撃に対しても逃げず、命を懸けて戦った人々が命を落とした場所でもあり、亡くなった人の写真や花が飾られています。

現在ではカップルや家族連れの憩いの場としていますが、平和や戦争について考えさせられる場所です。

住所:ulitsa Institutskaya, Kiev, ウクライナ

キエフ・ペチェールシク大修道院

f:id:Queserasera00:20200110180220j:image

11世紀半ばに創建されたキエフ・ペチェールシク大修道院は、1990年にユネスコ世界遺産に登録されました。

敷地内にはいくつもの修道院や大聖堂、博物館、地下墓地と見所が多く楽しめるところです。

入場料は123円、カメラを持ち込む場合は820円です。

住所:Lavrska St, 15, Kyiv, ウクライナ 01015

Friendship of national archf:id:Queserasera00:20200112143114j:image

独立広場から歩いて10分ほど先にあります。

アーチをくぐった先には、ロシアから黒海間を流れるドニエプル川を一望できる展望台があります。

出店のコーヒーを買い、素敵な景色を見て心を整えるのもいいかもしれません。

f:id:Queserasera00:20200112145131j:image

住所:Parkova Doroha, Kyiv, ウクライナ 02000

Puzata hata

f:id:Queserasera00:20200112152951j:image

ウクライナの郷土料理を食べることができるお店です。

ウクライナ国民からも愛されるチェーン店で、安く美味しく食べたいなら絶対に行っておくべきお店です。

ショーケースに並んだ料理を取っていくスタイルで、料理に迷ったら取ってくれるおばあちゃんにおすすめを聞くといいかもしれません。

写真のような組み合わせで、値段は約500円ほどです。

ボルシチ、サラダ、ピラフ、揚げ物、パンです。

ちなみにボルシチはロシア料理と思われがちですが、実際はウクライナ料理です。この機会にぜひ食べてみてください。

f:id:Queserasera00:20200112151927j:image

いかがだったでしょうか。

ウクライナは美しい街並み、美しい女性、美味しい料理などたくさんの魅力があります。

ぜひウクライナへ旅行してみてください。

A31 地球の歩き方 ロシア 2018~2019 (地球の歩き方 A 31)

A31 地球の歩き方 ロシア 2018~2019 (地球の歩き方 A 31)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です