#371 曖昧な原因

今日の朝の都内でのトレーニングに行くと、同い年で海外を目指す仲間から、

「もし夏に海外行けなかったらどうする?」

と深刻な顔で聞かれた。

 

つい昨日身近な人から質問されて、2日続けて同じことを聞かれたことに驚いた。

「んー夏に行けないことは全く考えていなかった。冬になるのかな」

と答えた。

 

「俺、そうなったらサッカー辞めようかな…」

そう答える彼の顔はマジだった。

 

いろいろと思い詰めた彼の姿は自分そのものを見ているようだった。

自分も好きなことやっているのに突然スイッチが切れることや、見えない未来に不安を抱え勝手に絶望することがある。

 

それでもやっぱりある程度きつくても、自分の夢だしどうしても叶えたいからやる。

 

こんなことは絶対言いたくなかったんだけど、最近世間体という言葉に敏感になってきているように感じる。

同年代社会人やって頑張っているのに、自分は何しているんだろうと考えることがある。

 

夢を諦めてしまう原因に、経済的なとか限界を感じたとかがほとんどの割合を占めると思うんだけど、他にも世間体とか曖昧な見えない物が理由となることもあるんだろうなと思った。

 

世間体がどうの言っているのを半年前の自分が読んだら大笑いしているだろう。

障害にはならないけど、常にちらつかせてくるうるさいヤツみたいな存在。

 

夏に行けなかったらどうするかという答えに関しては、今はわかりませんと答えることしかできない。

ただ夏に行けなかったら辞めるという、彼のような覚悟も必要だと思う。

 

とにかく自分は毎日自分の夢に向かって頑張る。それだけ。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です