#434 相手を思いやる気持ち

今日の朝のニュース番組で、「客室乗務員がコロナワクチン接種しました。」という内容で取り上げられていた。

そのニュース事態は自分にとってどうでもいいことなので、軽く流してたんだけど、その中ですごいなと思ったことがあった。

 

2人の客室乗務員さんがワクチンを接種した感想を求められた時、

1人は「コロナ感染の不安があったので、接種して安心した」的なことを言っていた。

 

これは当然、接種した感想なので、リスク回避できて安心という当たり前の感想。

自分も同じ立場だったら同じように答えるだろう。

 

それに対して、もう一方の方は、「お客様の客室乗務員から感染するという不安を取り除けたことで、安心して利用できるようになったと思うので良かった。」的なことを言っていた。

 

当たり前のコメントかもしれないが、自分からしてみたらこの状況で自分の感染リスクよりも、お客様の不安を考えたコメントが出来るのは、プロフェッショナルだなと思う。

 

母親が医療従事者なので、よく聞く話だが、今優先してワクチンを予約して接種できる老人の人々は、予約の数時間以上も前から病院で待っているらしい。

 

集まることを避けるために予約制にしているのに、なぜか集まってくるらしい。

 

また、中々予約が取れていないであろう老人は、病院の中で叫ぶらしい。

「なんで俺が受けられないんだ!おかしいだろ!」って。

 

そんな話をよく家で聞いていたので、この客室乗務員の相手を思いやる発言にはすごいと思った。

自分のことしか考えない自分からすると、こういった気持ちは中々持てるものではないと思うし、おそらくこの方の人間性を素晴らしいんだろうなと思う。

 

人間的に見習いたいと思える今日の朝の時間だった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です