#347 頭を使え

本日トレーニングマッチ。

東京都1部リーグに所属するクラブとの試合だった。

 

30分3本でそのうちの2本目から、前回同様に左のウィングハーフ。

 

このチームで求められているウィングハーフ像は攻撃面ではサイドの裏を取るため走って受ける。

守備ではサイドではめるためにプレスをかけ続ける。

 

運動量が必然と多くなり、スプリント回数も以前と比べて大きく増えた。

ただこの変化が良いプレーにつながっているかというといまいち実感できていない。

 

走り方が悪いのかどうかわからないが、とにかく疲れるだけで良いプレーには繋げられていない。

 

今日はパスが出ても出なくても、味方がボールを持った瞬間、状態が良ければ裏に走った。

何本も無駄走りしたけど、それがチームの約束事だからやった。

 

そうして感じたのが、頭を使わなくなるということだった。

とにかく約束事を意識しすぎてしまったせいで、相手を見てプレーすること、周りとの連携で攻めることが皆無だった。

 

やるべき事が徹底されているのはいいことだけど、機械的にやっているでは成長はない。

今日は機械的で頭を使わないプレーをしてしまった。

 

これだと思考停止でサッカーではない。

周りの状況自分の状況、味方の状況、相手の状況、もっと見てプレーすること。

 

明日も試合がある。

改善を繰り返しながら成長していこう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です