コロナの被害は日に日に悪化している。

全世界でのコロナ感染者は、2,047,31人、死者は133,354人となった。

状況は最悪で、海外でプロサッカー選手を目指す僕にとって契約を取れるかの心配の前に、サッカー事態が行われなくなったり、最悪の場合渡航することもできなくなってしまうのかという心配がある。

 

現時点で収束の目途は立っておらず、このまま何もしないとさらに拡大する。

これまで当たり前だった生活が失われ、生活に制限がかかった。

出来て当たり前だったサッカー、大学、ジムなどはすべてなくなり、十分に活動できないストレスが溜まる。

普通の生活が送れることのありがたみを失ってから気付いた。

 

ほんの少し前までは、何も心配することなく満員電車に乗ったり、人が多いところにいた。

普通の生活を送り、時には通常通り日常に不満を感じていた。

しかし、突然こうして今までの生活が送れなくなると、あの頃の生活が恋しくなる。

人間はわがままの生き物だなと感じる。

 

サッカーも出来ず、友達にも会えず、この先どうなるのかという不安がある一方で、自分との時間が増えたことで、自分を成長できるチャンスでもある。

状況に嘆くのか、今がチャンスと思うか、捉え方次第で今後の未来は変わってくる。

今だからこそできることはあると思うので、自分の未来に向けて行動したい。

 

現在多くの医療関係者、その他多数の人がコロナウイルスと戦っている。

その人たちに敬意を払い行動していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です