#114 会うべき人そうでない人

昨日、久しぶりに大学の友達と飲みに出かけた。

大学4年目になるけど、学校に行くこともないのにも関わらず、わざわざ会って飲みに行こうと思う友達は、片手で数えるくらいしかいない。

現にコロナは流行りだして、学校に行かなくなってから直接会った友達は彼しかいない。

 

コロナが流行してわかったことは、会わなくていい人の分別ができるようになったこと。

これまでは外に出かけるのが当たり前だったゆえの、会う必要のない人とのノリで行く遊び、付き合いの飲み会など自分の意思で行くというよりかは、その場の雰囲気で出掛けることが多かった。

 

それらで得られるものもあるのは確かだったが、ストレスも溜まるし、お金もかかる。

コロナになってから周りの声が聞こえなくなってきて、自分と向き合う時間が増えた。

そのおかげで今の自分の考えや思いが形成されていったと思う。

 

会わなくていい人、会う必要のない人と言うと、人間味がなく冷たい感じに捉えられるだろうが、実際に多くの人はコロナ前と後を比べて、プライベートにおいて会う人は限られたでしょう。

それはコロナによって会えなくなったのではなく、会う必要がなくなっただけだ。

 

大学にいると特に、

知り合いA「うぇーい!久しぶり!今度のみ行こうぜ~」

僕「ok」

 

知り合いB「うぇーい!昼飯食い行こうぜ」

僕「ok」

 

こんな感じで、予定が決まっていっていたが、今はそんなことはない。

自分にとって今会いたい人と会うようにになって、それが自分にとって会うべき人なのだ。

こんなコロナな状況で感染のリスクを背負って、僕と会ってくれる人たちには感謝だし、そういう上辺ではない濃い人間関係を大切にしていきたい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です