#419 ブラインドサッカー

いつも都内での朝練で使っている品川の一方のグランドが、現在ブラインドサッカーの国際大会のため使えていない。

先週から2週間前くらいから設営が入り、スゲーとか言いながらその様子を見ていた。

 

そんな品川のグランドだが、昨日大会が開幕し、日本対フランスの試合が行われていた。

自分も生で見てみたかったけど、そんなことはできないので、YouTubeにアップしているライブ配信を今日の朝見ていた。

 

試合は開始1分に決めたゴールを日本が守り切り、1-0で勝利を飾った。

お互いの持ち味を生かした白熱したゲームで、サッカーが好きな人には是非とも見てほしいなと思った。

 

そもそもブラインドサッカーとは、その名の通り視覚を遮った状態でのサッカーで、視覚障害を持つ選手がプレーできるよう考案された5人制サッカーである。

 

フィールドプレイヤーは全員アイマスクを着用しプレーし、ゴールキーパーは弱視者または請願者が務める。

 

サッカーボールの中に鳴り物が入っていて、選手はその音と、外にいるガイドや監督の声を頼りにプレーする。

 

また、サイドラインに壁があって、その壁をつたってボールをキープすることも可能である。

 

といった具合で、それ以外は通常の5人制サッカーと大きな違いはない。

コーナーキックもあるし、イエローカードもハンドやファウルも存在する。

 

 

 

そしてこれは昨日の試合で日本代表が決めたゴール。

ドリブルのコース取り、シュートコースは完璧といったゴールだった。

 

これをブラインドでやっていると思うと、鳥肌がたった。

 

そのあと少しアルゼンチンのゴールも見たけど、それもなかなか怪物的なゴールだったので、日本にとって侮れない相手だなと思う。

 

このあと日本対タイの試合があるので応援しようと思う。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です