#313 えんとつ町のプペルと自分

昨日「えんとつ町のプペル」という映画を見に行った。

 

星が見たい少年の物語なんだけど、えんとつ町は煙突から出る黒い煙で空を覆われ、星空が見えない。

 

「星なんてあるわけがない、星を見ようとするなんて邪道だ。現実を見ろ」

町の人々は少年を馬鹿にし、嘲笑う。

 

そんな人々に「なんで見たこともないのに、ないと言うんだ。ないかもしれないけど、あるかもしれないじゃなか!」

みたいなことを言う。

 

この少年の言動は父親譲りで、彼の父親も星があると信じていた。

少年も父親の星の話が大好きだった。

 

町の人々に「星なんか信じてもろくな大人になんねえぞ」と馬鹿にされ、

父親は「子供の未来を勝手に決めるな!」と。

 

少年も「僕の未来を勝手に決めるな!」と言うシーンもある。

 

結局少年の父親は異端児として、政府に殺されてしまう。

そんな夢を持てば笑われて、声を上げれば叩かれる世界で、少年は星を見るために行動を起こす。

 

 

僕が1年前「海外でプロになるんだ!」と夢を見た時、同じようなことがあったなと思いだした。

「サッカーで海外なんていけるわけがない」、「君の実力でできるわけがない」、「黙って就職しろ」。

 

そういうのは決まって、ここは安全だと座っている大人たちにそう言われる。

この映画に出てくる大人たちのように。

 

「自分がやったこともないのに、なんでできないと決めつけるんだ」

本当に悔しかった。

 

「就職したほうが君の将来の為だよ。」

「俺の未来を勝手に決めるな!」

 

現実でも、夢を持てば笑われて、声を上げれば叩かれる世界。

それでも僕はこの映画の少年のように、自分の見たい星に向かって進みたい。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です