#402 イケてるとき

都内のトレーニングで夏に渡航をするため、学校を休学して準備をしていた選手がいた。

昨日話を聞いてみると、休学してすぐ復学したらしい。

 

渡航の目途が立たないが、我慢してその時を待つか、一方でこの期間までなら学期中に復学ができる制度に乗っかって、早めに見切って復学するかという選択があった。

 

彼は後者を選び、今年の渡航は諦めた。

たぶん聞いた感じ、彼が海外サッカーに再びチャレンジすることはないだろうなと思った。

 

人が幸福に感じたり、イケてるなと思うときは、自分の未来を想像できた時である。

数か月後はこうなっていて、数年後はこうしているという妄想でも、ポジティブな未来を見れる人は最強である。

 

現実的かどうかは関係なく、自分の理想像が浮かび上がってくることができる人は強い。

一方で自分の未来が何も見えない人、お先真っ暗だと思う人は心理的にも疲弊しちゃうし、運を引き寄せることも難しいだろう。

 

彼も状況に左右されたが、自分の未来が見えず、ネガティブな選択をしてしまった。

 

自分も正直、こうなりたいというものはあるが、そうなれなかったらお先真っ暗だとネガティブになることが多い。

 

だから小さな自信を積み重ねて、考え方を変え、ポジティブな未来を常に持っていけるように、まだまだ取り組んでいかなければいけない。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です