「自分の情熱に従え、自分の本能に忠実になれ

 人の群れに惑わされず、いつも自分でいろ」

 

これは元ボクサーのマイクタイソンの言葉で、僕の好きな言葉だ。

自分のしたいこと、自分が本当に情熱を持って取り組めることができているか。

周りからの意見に流せれて、自分を見失っていないか。

 

僕は最近まで、自分が情熱を持って取り組めるものが何かわからなくて、卒業後の展望もないまま過ごしていた。

ただ、普通の道を歩むのは嫌だと思いつつも、なんとなく企業説明会に行ってみたり、よくわからない就活セミナーに参加したりしていた。

周りが就活を始めたからという理由で、就活を始めだしたというのも事実だ。

 

情熱もなく、本能に忠実に従うこともなく、人の群れに惑わされ自分を見失った最悪な時期を過ごした。

その時はとにかく人に群れ、周りに流された。

だから、やらなきゃよかったということ思うことも多い。

 

現在、僕は「海外でプロサッカー選手になる」ことを目指して活動している。

サッカーという自分が本当に情熱を持って取り組めることがあり、周りの目や意見も気にしなくなった。

 

情熱に従い、常に自分の本能に忠実にならなければ、自分の人生を歩んでいるとは言えない。

周りを気にして、比べていても先に進むことはできない。

自分の人生のため、日々精進。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です