「海外にこだわる理由」

よく海外に行くなんて妥協だとか、逃げだとか言われることがある。

昨日YouTubeにコメントをくれた方にもそんなようなことを言われた。

 

僕が海外にこだわる理由は、シンプルに言えば海外移住がしたいから。

海外で生活していくためには仕事をしなければならない。

だから去年は在外公館派遣制度の試験を受けに行ったり、青年海外協力隊について調べたり、海外の求人サイトを見てたりしていたけど、結局僕は海外で生活をしたいけど、仕事をしたいわけではないと気付いた。

 

僕はずっと海外移住がしたかったし、サッカー選手にもなりたかったし、言語を話せるようになりたいし、好きなことで稼ぎたかった。

だから海外プロを目指すという選択になった。

だから海外に行くのは逃げだとか、プロになりたいのであれば日本でやればと言われても、目的が違うからそうじゃないんだってなる。

 

僕は日本を出た時の新しい世界を感じれるあの瞬間が好きだ。

日本という狭い世界での常識は、海外にはない。

自分がどれだけ狭い世界で物事を見ていたかを実感させられる。

 

海外プロにこだわるのは、実現したい姿に一番なれるのが海外サッカーに挑戦することだから。

こればっかりは僕の思いだからわかってもらうのは難しいと思う。

 

昨日後輩の子から、自分も周りの反対を押し切り自分の夢に向かって頑張っているという連絡が来た。

すごく素敵な夢だったし、最高にクールだった。

自分も今の自分の活動を通じて、人に夢を与えられるそんな存在になりたいと思う。

 

 

昨日YouTubeを更新しました。

チャンネル登録、高評価よろしくお願いします。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です