#7 逃げた過去

大学入学から現在までで、未だに後悔していることがある。

それは、夢を諦めたことだ。

 

大学1年の後半、今と同じように海外でサッカー選手になりたいと夢見た。

海外サッカー経験のある先輩、同じようにサッカー選手を夢見る同期が身近にいたことで、絶対に実現させてやろうと誓っていた。

 

大学を辞めてサッカーをやりたい、両親に自分の思いを伝えると大喧嘩になった。

「そんなことは無理だ。」、「成功しなかったらどうする」、「学費が無駄になるだろ。」

親に怒鳴られ、一時の迷いとして片付けられた。

 

今の自分なら、何を言われようが関係ないというように思える。

しかし、当時の僕は親に夢を全否定されたことで自信をなくし、やっぱり自分には無理だと思ってしまった。

また、実際に大学を辞める覚悟も、自分でどうにかするという自信もなかった。

 

そして海外でプロサッカー選手になるという夢を完全に諦めてしまった。

その後は夢を忘れさせるかのように、大学祭の実行委員会の役職に就いたり、とりあえず長期のインターンに行ってみたり、一人旅をしてみたりした。

他のことに夢中になることで、この頭の狂った夢を忘れようとしていた。

 

その後も僕はいろんな新しいことをやった。

しかし、どこかで満足しきれていない自分がいて、このままでいいのかというモヤモヤがずっとあった。

「あの時逃げずに夢に向かって突っ走っていたらなあ」

そんな後悔がずっとあった。

就職活動が本格的に始まる頃になり、やっぱり夢を実現させたいと強く思うようになった。

 

この後悔を死ぬまで持ち続けるのは嫌だ。

だから昔のように親に全否定されようが、縁を切られようが関係ない。

一度諦めた夢だからこそ、実現させたいという思いは強い。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です