#154 感謝、道

僕はInstagramのストーリーの投稿で、「感謝、道」という言葉を添えて投稿することがある。

「感謝、道」は僕の好きなフレーズであり、使い勝手の良い魔法の言葉であり、思い出深いものだ。

 

 

大学1年生の頃、僕は友達の写真に合成してタトゥーを入れるのにハマっていた。

その時にたまたま首元に「道」という漢字のタトゥーを入れたのが友達の間で話題となり、一躍「道」は僕らの間の流行語になった。

 

そこから「道」という言葉の意味を自分らで考えるようになり、「人それぞれの(人生の)道がある」というニュアンスで使われるようになった。

例えば、悪口を言われ、人に腹が立ったとき、「道だから!」というように言うのは、「悪口を言うのはそいつの道だから仕方ない」という意味になる。

 

だから、自分と人の意見や思いが違うときは、それに対して深く考えるようなことはせず、「道だからな」というように解決することが多くなった。

「道」には周りを気にしない、自分の道を進め、という思いが込められている。

 

「道=人生」のような感じもするが、僕の中では少し違くって、人生は見えない何かに突き動かされるスピリチュアル要素が強いのに対して、道」は自分のポリシーやプライドを持って、地に足を付けて進んでいく感じの意味があると勝手に思っている。

 

「感謝」は言葉の意味はそのままで、「道」とセットで使うことで、すべてのことに感謝して、自分の道を歩もうという意味になる。

「感謝」がどういう経緯でセットで使われるようになったかは、あまり覚えていないけど、そういった意味があるのだ。

 

「感謝、道」は僕にとって魔法の言葉で、それを口にすれば、感謝しながら自分の道を歩もうとせざるを得なくなる。

だからこのフレーズにはとても感謝している。

これからも「感謝、道」という言葉と共に自分の道を歩んでいきたい。

 

ちなみに今はタトゥー合成の趣味はなく、僕が使っていた専用アプリも「道」が有料化してしまい、課金しない限りは二度と作れないようになってしまった…

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です