#392 呼吸が大事

昨日は公式戦後にチームの練習場に戻り、フィジカルコーチによるフィジカルコンディションをした。

アジリティ系、インナーマッスル系を中心に1時間のトレーニング。

 

インナーマッスル系では自分の使い切れていない場所を知ることができた。

柔軟性や可動域はパフォーマンスに大きく影響するので、継続しているやっていくことが大切。

 

あとは呼吸法。

アスリートは腹式呼吸でプレーをすることが理想。

クリスティアーノ・ロナウドの腹がズドンとしているのは腹式を鍛えているから。

 

ボディビルは腹式でトレーニングはしないので、写真のような違いがあるらしい。

(ボディビルは横腹がきゅっとしている)

 

腹式呼吸が疲れてくると肺呼吸に変わり、それも疲れてくると肩呼吸になる。

肩呼吸は酸素が取り込まれてにくいので、疲労や足がつってしまう原因となってしまうため、いかに腹式呼吸を継続してプレーできるかが大事とのことだった。

 

わかっていても意識していないと呼吸法は忘れてしまうので、こうして書いてみて自分の脳みそに入れて、トレーニング中から意識してできるようにしていきたい。