#301 飯が食えること

大学2,3年生の頃、海外への一人旅にハマっていた時期があった。

自分が行く国を決める基準は、物価が安くて、日本よりも貧困であることだった。

 

そこに行くと自分の日本での生活や、日本という環境に生まれたことがどれだけ有難いか実感できる。

衣食住に不自由しないこと、特に食のありがたみが心の底から実感でき、その感覚が好きだった。

 

最後に海外に行ってから1年半が過ぎ、最近ではそのような実感を感じることもあまりなくなってきた。

普段の生活が当たり前のように感じる、これはまずいと思って、ネットフリックスで見た番組がある。

 

それが、「ハイパーハードボイルド・グルメリポート」というやつだ。

元々ネットフリックスの中でも大好きな番組で、昨日久しぶりに再視聴した。

 

・かつて人食い兵と呼ばれた、リベリア元少女兵の飯

・セルビア、不法難民の飯

・アメリカ刑務所出所して最初に食う飯

・ネパール、物乞い物拾い家族の飯

 

などシリーズは様々で、中には顔をしかめてしまうような場面もあるが、とても勉強になる。

昨日久しぶりにシリーズの半分ほどを見て、再度自分の置かれた環境への感謝の気持ちが強くなった。

 

僕らが好きなことができたり、夢を追えることは当然ではなく、夢を追えるほどの余裕がある生活ができるということ。

 

せっかくこんな素晴らしい環境にいるのだから、いろんなことに挑戦していかないともったいない。

日々感謝して、日々を大切に過ごしていきたい。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です