都内でのトレーニングを終え、家に帰り、シャワーを浴び昼ご飯を食べ、ストレッチをしようとベッドに寝っ転がったら、そのまま昼寝をしてしまった。

今日は昨日も言ってたpvを完成させて、紹介してくれる人に送る日だったので、先程まで取り掛かっていた。

送信まで完了させたので、あとはその人とクラブがどういう反応をするのか、僕はやることやったし、来たるその日のために準備をするだけ。

 

今日もまた一人、帰国前最後のトレーニングの選手がいて、「どこに行くにしても結局は自分次第」と語っていた。

その選手は元々この時期にその国に行く予定ではなかったみたい。

でも今のタイミングだと覚悟を決め、渡航するようだ。

 

「また上のレベルで会いましょう。」

そう語る姿は、希望と自信に満ちあふれていたような感じがして、覚悟を決め挑戦する男の目をしていた。

特に深く関わっていたわけではないが、彼の深い切り替えしとキレのあるドリブルは、今いる選手の中では一番うまいんじゃないかなと思っていた。

 

続々と渡航していく選手たち。

とてもいい刺激になる。

徐々にチーム内でも馴染めてきて、紅白戦でもしっかり結果を残すことができている。

チーム内で抜きんでる選手になれれば、自分も大きな自信になるだろうし、片道1時間かけてくる意味がある。

 

気持ちは前向きだし、サッカーが楽しい。

今出来ることをしっかりやって、もっとうまくなりたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です