#174 もう一度本気で

昨日、一昨日と都内のクラブの練習参加し、10月からも平日練習のみ参加させてもらうことになった。

もちろん、月謝を払って参加する。

料金は1ヶ月で、なのはなの年間の部費と同じくらい(笑)

ジムを辞めて正解だった。

 

昨日チームの代表の人と話をして、海外のプロを目指したいという話をしたら、「22歳だよね。今まで何してたの?」と言われ、とても痛いところを突かれた。

それでも親身になって話をして、今後のことなど、1人ではどうすることもできなかったことが見えてきた気がした。

 

こういうところに来ると、まずこれまでの経歴で足元を見透かされる。

経歴なんてくそくらえと思っていたけど、どういう選手かの判断基準は経歴でされることもある。

自分の経歴なんて、自分でも笑ちゃうくらいしょぼい。

 

正直な話、僕は大学生になってから今いるチームに入団して、週一回の練習と試合という環境に満足して4年間やってきた。

長期休みにはサッカーを休んで1ヶ月くらい1人旅をして、サッカーから離れる時期もあった。

それはつい最近までそうだった。

だからこの4年間はサッカーはやっているようで、しっかりと向き合っていなかった。

 

それでもこうして今目指している道を選んだのは、このままでいいのかという思いからだった。

進路を決める時期になって、自己分析をしていく中で、「あれ、自分ってプロサッカー選手になりたかったんじゃなかったっけ。」そんな思いが頭を駆け巡った。

普通なら諦めてもいいと思うし、その方が賢明だと思うが、どうしてもチャレンジしてみたかった。

 

もう一度本気で挑戦したい。

大学4年間なんとなくで生きてきてしまった僕だったが、もう一度高校生の頃のようなぎらつきで夢を持って行動したい。

それには見たくない現実とも向き合い、今まで敷かれていたレールを自分で作っていかなければならない。

そんな思いで今を生きている。

 

僕は多くの人に、「あんな雑魚でも、強く思えば現実になるんだ」と思わせ、勇気や希望を与えられる人間になりたい。

そんな姿をブログなりYouTubeなりで示していきたいと思う。

ということで、今日も1日充実した1日を。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です