#282 何がすごい

自分は6歳からサッカーを始め、かれこれ16年間サッカーをやっている。

という話を大人の方にすると、「すごいね」って言われる。

 

16年続けていること?サッカーをやっていること?

何がすごいのかなと思った。

 

ただ年数だけで見ると、長いことサッカーをしている。

16年も続いていることなんてほかにないし、16年以上も一緒にいる人は両親と姉くらいだ。

弟でさえ16年も一緒にいないんだから、そう考えると長い間サッカーと向き合っているなって思う。

 

逆に考えすぎて、16年やってもプロの域には達しないし、サッカーで飯が食えてない以上、16年は意味あったのかと病みそうになる。

 

16年というのは長い月日だ。

そして感じるのは、サッカーをすることが好きだということ。

 

観戦することも好きだけど、あんま見ないし、コーチすることに関しては嫌い。

だから引退後はコーチをやろうとは絶対思わない。

 

サッカーがプレーできる今が好きだし、16年間を意味あるものにすることもこれからの結果次第だ。

未来に恐れず、過去にとらわれず、今を生きる。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です