#158 何の価値もない

少し前にトレーニングマッチをしたチームがTwitterの公式アカウントにて、その時のことをツイートしていたのだが、内容が「合同練習を行いました」だった。

確かその日は、4-0で僕らの圧勝。がっつり30分×3本のトレーニングマッチだった。

 

僕が思うに、リーグ戦前だったから悪い結果を書きたくないという思いがあったのだろう。

長期的な目標でJリーグ参入を掲げており、金銭的支援者も多いだろうからそういう大人の事情もあるのだろう。

だからそれに関して別に悪いことだとは思わない。

 

ただ僕はこういう表向きの姿だけを見せる、ということはしたくないなと思った。

僕がインターネットを通して自分の近況を報告していくのは、クラブがTwitterで活動報告するのと似ている。

もちろん個人と団体では大人の事情も含め、比較するのは難しいだろうけど、勝った試合だけ、手応えがあった試合だけを報告し、それ以外は隠すというのはただの見栄っ張り。

 

良い時も悪い時も自分らがやっていることを見てもらう。

仮面を被った見栄っ張りには何の価値もない。

 

ノムさんこと野村克也の言葉でこんなのがある。

うまくいっている時は、周りに人がたくさん集まる。だが、一番大切なのは、どん底の時、誰がそばにいてくれたか

 

うまくいかない時にそばにいてくれる人が本当にサポーター、ファンだと思う。

だからうまくいかない時、負けたことを隠すというの非常にナンセンス。

この前の対戦チームが「合同練習」というツイートをした真相はわからないが、応援してくれる人がいる以上、そこはしっかりやっていくべきだなと感じた。

 

僕自身もインターネットを通して見てくれる人を増やしていきたいと思っているから、こういうところはしっかり反面教師として学んでいきたい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です