海外に1年住んでわかった日本を出る前にやっておけばよかった3つのこと

私は去年の7月に日本を出て、今はポーランドの下部リーグでサッカーをしながら海外生活を満喫しています。

1年以上過ごす中で、日本から出る前にこれをやっておくべきだったと少し後悔していることがいくつかあるので紹介していきます。

 

もしかしたらこれを読んでいるあなたは、海外生活を控えているか、いずれ海外に行きたいと思っている方たちかもしれないので、今回の私の経験を参考にしていただければ幸いです。

 

今回の記事を読めば海外生活をする前に日本でやっておくべきことを知ることができ、ストレスなく憧れの海外ライフが送れるはずです。

 

1.日本の使ってた電話番号は持っておく

海外に住んでいても日本のサービスを使いたいことは多くあります。

例えば最近だと、見たいアニメがあったので、31日間無料で映画・アニメ見放題U-NEXTに会員登録したかったのですが、SMS認証が必要で、海外の電話番号しか持っていない私は登録することができませんでした。



他にも銀行口座からお金を振り込むときや、何かしらのアプリの個人情報を変更するときにもSMS認証が必要で、かなり不便な思いをしました。

もしこれから渡航を控えている方は、日本で使っている電話番号を残したまま渡航することを強くお勧めします。

またその際自分が契約しているキャリアは海外ローミングに対応しているのか確認しましょう。

 

ちなみに日本の番号をキープすると、維持費が発生します。

この維持費が安いサービスについては2つまとめたので、これから渡航の方はこちらに乗り換えるなりしてください。

より詳しく知りたい方はお店で専門の方に聞いてみるのがいいかもしれません。

LINEMO 楽天モバイル
維持費/月 990円 1078円
初期費用 0円 0円
海外での利用 ネット/通話/SMS可 ネット/通話/SMS可
特徴 LINEを使ってもギガ数が減らない 日本に無料で電話し放題

 

2.必需品は多めに持っていく

ここでいう必需品は歯磨き粉とかシャンプーなどではなく、自分にとってこれがないと生活において大きな損害になり得る物のことで、人によって違うと思います。

例えば私の場合、渡航前に足首を怪我していて、足首を固定するテーピングがないと生活に大きな影響が出るほどでしたが、最低限しか持ってこず、こっちで買えるからいいかと思っていました。

 

しかし、薬局、スポーツショップをいくつかはしごしてもなかなか見つからず、ようやく見つけられたけど質の悪い物しかなかったという苦い経験がありました。

 

ポーランドに限った話なのかもしれませんが、日本のように物に溢れ、どれにしようか選択肢に悩むことが少なくなりました。

欲しい人が少なければ店頭には置かないスタイルなのか、そういった自分だけの必需品はないことが多いので、渡航前に多めに揃えておくことをお勧めします。

 

3.持っていく物は少数精鋭

2と正反対のことを言っているので少し困惑するかと思いますが、要するに「無くても困らないけどあったらいいかも」くらいの2軍3軍は全て置いていくことです。

私は渡航時、あったほうがいいかものノリでキャリーケース2つ分の荷物を用意していました。

 

もちろん重量超過で2万円ほど追加料金として取られました。

ポーランドに来て半年が経ち、身の回りの整理をしたときにほとんど使っていなかったものを捨てたら、荷物がキャリーケース1つ分しか残りませんでした。(あの時の2万は無駄な出費だったと言わざるをえない…)

 

このことから自分にとって最低限の1軍荷物だけにを持ってきていたら超過分のお金は必要なかったし、移動の際のストレスもなかったということを実感しました。

 

今回は私がキャリーケース2つ分に詰め込んでいた不要だった物について紹介します。

・中国製の安いキャリーケース・紙の本・水筒・大量の日本食

プロテイン等の補助食品・筆記用具・2軍衣類

・人から貰った物(アルバム、ケース)・マスク・歯ブラシのストック 



まとめ

今回は海外に1年住んでわかった日本を出る前にやっておくことを3つ紹介しました。

・日本の電話番号は持っておく

・自分にとっての必需品は多めに持っていく

・荷物は少数精鋭

特に日本の電話番号を持っておくことはこれからも日本のサービスを使い続けるのであれば、とても重要なことになります。

今回の記事を読んで私のようにこれからサッカーで渡航を考えている方、留学をする学生さん、その他海外在住を控えている方の参考になれれば幸いです。