#469 日本人という存在

今日もいつものようにお昼を食べに、チームのレストランに向かう途中、露店のおじちゃんから、

「そこのサッカークラブの選手だろ?」

と声をかけられた。

そうだと答えると、

「日本人か?」

と聞かれ、そうだと答えると嬉しそうに肩をぽんと叩かれた。

自分が住んでる街は本当に小さな町で、来る観光客もポーランド人の老夫婦が多い。

そんななかで若い日本人がいるというのはかなり目立つのだろう。

レストランでご飯を食べていると、子供にあり得ないものを見たかのような目で見られることもある。

それほど珍しい存在であることは感じる。

その上地元の人にはこの街でサッカーしていることも知られている。

良い意味でも悪い意味でも目立つ存在であるため、この日本人応援したいなと思われるように頑張りたいと思った。

今週からはリーグが開幕し、アウェイゲームになる。

まだ相手クラブのスタジアムに行ったことがないので、他クラブはどんな環境でサッカーをしているのか、とても気になるのでそれも楽しみ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です