#481 2チーム目のセレクション初日

昨日は新たなチームにテストに行くため街を移動した。

 

7月の下旬から過ごしてきた小さな町のクラブは、経営難により崩壊しつつあったため、一昨日を最後にお別れをしてきた。

 

昨日は朝7時前のバスで最寄りの駅に行き、そこから5時間近くかけて新しい街にやってきた。

そしてチームのディレクターと名乗る男が車で迎えに来てくれて、チームが出してくれるホテルまで送迎してくれた。

 

部屋は4.5畳ほどのベットと棚があるだけの部屋だが、オートロックのwifi完備でシャワーも台所も付いている過ごしやすいところだ。

 

そうしてチェックインして荷物を整理して少し経ってから、再びディレクターの車に乗って練習場へ向かった。

 

そしてチームの全員が着ている練習着を着て、初日の練習を迎えた。

20人ほどの選手が集まり、ボールを使ったアジリティートレーニングと2対2、3対2、4対3のシュートトレーニングし1時間半ほどで終了した。

 

チームは若い選手が多い印象で、コーチからたびたびコーチングを受けていて、期待されているであろう選手は16歳だった。

その他にも10代の選手が多く、チーム全体としてはどちらかというとコーチが練習の雰囲気を作り、それに選手たちがついて行くというような印象だった。

 

初日の練習を通して、自分的には全然やれるなという手応えはあった。

シュートゲームでは何度かシュートを決めたし、コーチが敵を剥がして攻めるプレーを好む印象だったので、普段だったらパスするところをドリブルで仕掛けたり、シュートを狙っていたりと攻撃の選手であることをアピールした。

 

練習後にコーチから「良かった良かった!」と声をかけてもらい、それが何に対してなのかはわからないけどネガティブな印象でないことは確かなので、ひとまずは良かったのかなと思う。

 

今日もこの後全体トレーニングがある。

エージェントによると今日はゲーム形式をやるみたいで、今日がかなり重要になってくると伝えられた。

 

テストは昨日、今日、明日の3日間。

3日間の練習だけで契約するかしないか判断されるので、1日1日が今までにないくらい重要になってくる。

 

自分に残されたのは残り2日。

このチームで契約を勝ち取れるように全力でプレーする。

頑張れ自分!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です