#332 同じではない基準

今日の都内の練習はスペイン人のコーチが担当の日だった。

すべて英語で指導が行われる練習、何だかんだで彼のトレーニングを受けるのは2回目くらいだ。

 

彼が来るようになったタイミングで怪我して離脱していたので、外で見ながらやれることを楽しみにしていた。

 

以前外国人も日本人もサッカーで評価される基準はほぼ一緒みたいなことを書いたが、微妙に違うところもある。

このプレーでめっちゃ褒められるんだと思うことが今日いくつかあった。

 

評価の基準は人それぞれ。

だからコーチ、監督が何を求めているのか、理解し、実行することができれば試合で使ってもらえる。

 

海外に出ればアピールすることはとても重要になってくる。

日本ではあまり評価されないプレーもスペイン人のコーチにはウけていた。

 

このように基準が違うからこそ、監督,コーチの求めていることを理解し、評価されやすい人間になっておくことも大切だと思う。

 

週末はトレーニングマッチ。

気を引き締めてやっていこう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です