最新版!ポーランドでPCR検査を受けてきました!

ポーランドから日本に渡航する場合、日本入国時に以下の検疫手続きなどが求められます。

ワクチン接種証明書の有無により、検疫内容が異なります。

 

私はワクチンを受けておらず、「イ 有効なワクチン接種証明書を保持していない場合」に該当しました。

ワクチンを受けてない場合は、ポーランド出国72時間以内のPCR検査における陰性証明書の提出が必要になってきます。

 

このPCR検査における陰性証明書は、ワルシャワ空港で取得する事ができるのですが、サイトに書いてあることと若干違うように感じました。

https://www.lotnisko-chopina.pl/en/news/0/1019/szczegoly.html

 

ですので、今回は2022年11月9日にワルシャワ空港で行った、PCR検査における陰性証明書の取得の仕方について説明していきます。

 

検査場所までの行き方

PCR検査は、Courtyard Marriott Warsaw Airport hotelというホテルにて行われます。

予約は必要ありません。

 

ワルシャワ ショパン空港ターミナル (出発エリア) の建物の真正面にある横長の大きなホテルで、建物のCourtyard Marriott と文字が書かれてすぐにわかると思います。

 

空港の2階から撮ったCourtyard Marriott

 

 

横断歩道を渡って、ホテル正面の入り口の右側にTEST COVID-19の横断幕があるので、そこのドアから入ります。

 

近くによると会場はここだよというような張り紙がだせれているので、それに従って進んでください。

 

ちなみに営業時間に関して、サイトには24時間営業と書いてありましたが、2022年11月9日の時点では、7:00~23:00までとなっていたので来る時間には注意が必要です。

 

受付から検査の流れ

中に入ると、名前や電話番号を記入する紙が置いてあるので、記入を済ませ受付に持っていきます。

 

受付ではどのPCR検査を受けるか聞かれるのですが、種類が200PLN、520PLN、800PLNの3つあります。

サイトでは200PLNで受けられると書いてありましたが、受付の人にはそれだと日本帰れないよ的なことを言われました。

 

もしかしたら受付の勘違いか、自分の聞き違いかもしれないので、一応選ぶときに確認してみてください。

 

800PLNの方は検査から40分後に結果が出る速い方法で、520PLNの方は検査から24時間後に結果が出るという違いがあります。

私はその日の夜がフライトだったので800PLNの方を選びました。

 

その場で支払いをし(現金、カードどちらでも可)、受付の横のブースで検査を受けます。

片方の鼻の中に綿棒を突っ込んでもらったら検査は終了です。

 

検査結果受け取りには、下の写真のようなカードを持っていくことで検査結果の用紙と交換できます。

 

陰性判定をもらって帰国!

40分で結果が出るとのことでしたが、念のため1時時間後に再度向かいました。

これで陽性判定をもらってしまうと、大変なことになってしまうので本当にドキドキしました。

 

結果は無事陰性でした!

 

今後PCR検査を受ける方は、陽性判定をもらってしまった時の対応について念のため調べておくのが得策かもしれません。

 

https://www.iace.co.jp/bts/column/detail/20220629_01.html

ここのサイトに対処方法が詳しく載っていたので参考にしてみてください。

 

航空券の変更またはキャンセル、滞在ホテルの手配、海外旅行保険の延長など手間と出費が増えてしまうので大変です。



 

まとめ

今回はポーランドでPCR検査受けた時のことを紹介しました。

サイトの情報は更新されていないのか、営業時間や金額面で少し違いがありました。

これからPCR検査を受ける方は今回の記事を参考にしていただけたら幸いです。

 

また、この記事を読んでいる方はこれから日本に帰る方が多いと思うので、帰国の際はお気を付けてお帰りください。

良い旅を!