【海外サッカー】生活費が安いポーランドでの1ヶ月の収支

ポーランドに来てから今月で1年4ヶ月目を迎えました。

私は現在ポーランドの5部リーグでサッカー選手としてお金をもらいながら生活しています。

 

今回はそんな私のポーランドでの1ヶ月の生活費を紹介していきます。

これから海外サッカーを目指す方は、実際ヨーロッパでの生活費がどのくらいかかるのかわからないかと思いますので、この記事が参考になれれば幸いです。



ポーランドでの1ヶ月の収支

・家賃 0円

・昼飯 0円

・食費(朝、夜、間食、外食) 約23840円 (直近4ヶ月の平均)

・通信費 1200円

・クラブからの給料 約15000円


 

チームが提供してくれているホテルの一室で生活しているので、家賃はかかりません。

また昼飯もチームの契約してるレストランで無料で食べさせてもらっているためこちらも0円です。

 

食費は自炊がほとんどで、外食が多い月(週一ペース)だと約30000円弱、全くしない月だと16000円前後で済みます。

また交通費に関しては月一回くらいの頻度で大した影響は無いので、食費と共に換算しています。

 

これらの出費から私の給料を引いて、1ヶ月に必要なお金は約11000円となります。

 

生活費詳細

どれくらいの生活水準で生きているのか、それぞれ詳しく説明していきます。

 

家賃0円で住んでいる部屋

ポーランドの下部リーグであっても住む場所を提供してくれるクラブがほとんどです。

ホテルや寮、普通のマンションやホームステイなどクラブによって様々ですが、私が住んでいるのはクラブのスタジアムの前にあるホテルの一室です。

 

現在はウクライナからの難民が生活しているため営業はしておらず、数十世帯のウクライナ家族に混じって生活しています。

特にストレスなく快適に過ごしてます。

 

昼飯

ホテルから自転車で15分ほどの距離にあるレストランで毎日食事をしています。

チームメイトの父親がオーナーらしく、美味しくて栄養のあるポーランド料理を食べさせてもらっています。

 

食費

食事は朝、夜のご飯とその合間に食べるおやつなどを近くのスーパーで購入しています。

特に値段は気にせず、その時食べたいものを購入しているので、節約しているわけではありません。

 

朝はシリアルにミルクをかけたものを食べ、夜は米とサラダ、肉や餃子など気分によって作り分けています。

間食にはフルーツ(バナナ、マスカット)、ヨーグルト、チョコレートなど。

お酒は全く飲みませんが、週末はコーラやスナック菓子も食べます。

 

このように食事に関しては、食べたいものを食べるスタイルで生活しているのでもう少し食費は抑えられるかもしれません。

 

通信費

インターネットはポーランドのSimカードを利用しており、毎月1200円です。

 

「T-mobile」という会社のサービスを利用しており、私が利用しているプランは月に20GBに加え、YouTube、Netflix、アマプラ、TikTokなど、何時間使ってもGB減らないという素晴らしいプランです。

 

私の住んでいるところにはWifiがないので、これにはかなり助かっています。

ポーランドに来る方は問答無用で「T-mobile」変えましょう!

 

ポーランド1ヶ月の収支まとめ

この記事では私のポーランドでの1ヶ月の生活費を紹介しました。

 

家賃、昼飯0円

1ヶ月に必要なお金は約11000円

 

ポーランドはヨーロッパの中ではかなり物価の安い国の一つです。

それに加え、食事や公共サービス、治安といった生活水準はそれなりに高く、かなり生活しやすい国だと感じます。

 

私が1年以上サッカー選手として生活して感じることは、サッカー環境以外にも生活環境はかなり大切ということです。

 

住む場所があって、飯も毎日食える。スーパーに行けば日本食が売っているし、外食すれば安くて美味しいピザが食える。

ポーランドはそんな生活が安価で手に入れることができる魅力的な国です。

 

今後海外サッカーに挑戦したい選手は、ポーランドを選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

ポーランドサッカーのより詳しい話はこちらの記事で↓

 

無名のサッカー選手が海外クラブとの契約に至るまで

【海外サッカー選手】ポーランド5部リーグで半シーズンプレーしてみて【契約条件や待遇】

【給与や待遇】ポーランド下部リーグ・アマチュアサッカーのリアル 5部リーグ編

【移籍】ポーランド下部リーグチームの探し方