明日はいつもお世話になっている地元のクラブとの試合がある。

相手チームには4年前に共に今のチームに入団した同期がいる。

とても楽しみ。

 

今週都内の平日の朝練は、あまり自分的には満足していない。

消極的なプレーが多く、ミスも多い印象だった。

普段、そこでのトレーニングではボランチでプレーしている。

紅白戦とかする時も基本的にはボランチで、ゲームメイクもするし、攻撃参加も守備も献身的にできるように心がけている。

 

周りとのコミュニケーションも増え、以前より周りの信頼感も得ているような感じがするから、とてもプレーしやすくなっているけれど、まだまだミスも多いし、消極的。

コーチからももっとこういう動き方しろ、それじゃ試合で通用しないというような指導を貰うこともある。

トレーニング、改善、トレーニング、改善の繰り返しだ。

 

紅白戦なんかになると、1つのミスでイライラしたり、少しうまくいかないからピリピリしたり、態度や表情に出す選手がいる。

そういう選手はボールを持つと判断悪かったり、ミス連発したりしている印象。いわゆる自滅。

もっと冷静に、どうしたらうまくいくか考えるべきだと思う。

 

味方のミスにイラついても、味方がミスした事実は変わりないし、何でミスすんのって言っても仕方ない。

言ってもいいけど、文句はチームの雰囲気が悪くなるし、そういう選手がいるチームは決まって負ける。

どんな時でも冷静に向き合うことが大切だなと、そういう選手を見て思う。

 

確かにプレー中、は?ってなる場面もあるけれど、それはそれで切り替えてなるべく引きずらない方が良い。

サッカーは数秒の間で状況が大きく変わるから。

自分はこういう選手にならないように気を付けようって思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です