#3 理想と現実

思えば、「プロサッカー選手になる」とはずっと夢見てきた。

小学生、中学生の頃から本当に自分はなれると思っていた。

 

これは小学校の卒業文集で書いた将来の夢

今見るととても欲張りない夢だ。

高校で大活躍してプロになって、いずれは世界のトッププレイヤーと同じチームでプレーする。

だから、一生懸命練習した。

 

高校に入ってからもプロサッカー選手になるという夢は変わらなかった。

まずはトップチームで試合に出て活躍してやると意気込んでいた。

しかし、高校サッカーは僕の理想とはかけ離れた日々だった。

 

1年から2年まで一番下のカテゴリー中学生の試合相手になったり、Cチームで行った遠征では審判も監督も見てない試合もあった。

公式戦なんてないカテゴリーだったので、毎週のフィジカルトレーニングはきつかったし、モチベーションを保つことも難しかった。

 

一番下のカテゴリーのやつがプロサッカー選手になれるわけがない。

プロサッカー選手になるという夢は、いつしか諦めていた。

 

月日は流れ、今でも高校の頃の悔しさは残っているし、当時の記憶が夢の中に出てくることもある。

「理想は現実と折り合いをつけるもの」

就職活動期になると多くの人が口にする。

理想を追い求めず、現実を見て地に足をつけて生きろと。

 

でもこれって良い生き方なのか。

理想を求め戦った高校時代、やはり辛いことも多く苦しい日々だった。

だけど、理想を求め努力した日々は本当に楽しかったし、ギラギラしていた。

 

このまま理想を捨て、適当に会社に入って働くのか。

理想を捨て現実を生きる方が、傷つかないし楽だ。

だけど自分の理想はそんな簡単に諦めることはできない。

と今更ながらに思う今日此の頃。

 

「理想と現実」、僕は理想を取る。

そして理想を現実にしたい。僕の理想は「プロサッカー選手」だ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です