好きなことややりたいことに理由が必要だろうか。

「なんでサッカーが好きなのか」、「なんで海外でサッカー選手になりたいのか」

よく聞かれることがある。

それらの僕の解答は、「好きだから」、「やってみたいことだから」だ。

 

サッカーに限らず、日常生活では自分の好きなことややってみたいことに対して理由を求められることがある。

僕は、自分の好きなことややってみたいことを理由付けするのが苦手だ。

「好きだから」、「やってみたいから」それ以外の理由がないから。

 

よく何も考えていないのかと思われることがある。

でもそれは自分の考えを持ってないんじゃなくて、好きだから、やりたいからというように自分の感情や直感だけ動いているから。

時にその直感にさえ気づかない時がある。だから人に伝えることが難しい。

 

本来、理由をつけてから行動することが当たり前である。

理由は行動をするきっかけでもあるし、道しるべあるから。

だからやりたいことに理由を持っている人が羨ましいと思う。

ただ自分の場合、理由を探して行動するより、行動してから理由を見つける方があっている気がする。

 

もちろん憧れでは食ってけないのはわかってるし、理由なしにやっていくのも無謀すぎるかもしれない。

でも理由持って行動しても、直感で行動しても、うまくいくかいかないかはその人次第なのではないだろうか。

自分の場合はやりたいからやる、それだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です