#105 万事塞翁が馬

「万事塞翁が馬」

不幸や幸福は予測できないものだ、という意味の言葉で、中国の古い言葉である。

元日本代表監督、岡田武史氏の座右の銘でもあり、岡田氏がよく選手たちに話していた言葉だという。

 

人生において、自分の不幸や幸福はまったく予想できない。

最近の例で考えると、今週に僕は死ぬほど幸福なことがあった。

表情筋が筋肉痛になるくらい幸福なこと。

 

しかしその2日後、車のバッテリーが壊れて2万の請求を受けた。

ルームミラーがつけっぱだったことで、バッテリーがおかしくなってしまっていて、最後に車を使ったのが僕だったので、犯人とされた。

親父には怒られ、その日使う予定だったが、予定を崩さずを得なかった。

 

このように幸福なことも不幸なことも、まったく予想していなかった。

だから今週は幸福、不幸の移り変わりが激しかった。

だからといって、そのことに一喜一憂しているわけではないので、メンタル的にはなんともない。

 

今週は「万事塞翁が馬」という言葉を実体験できた。

最後に岡田氏の言葉を借りると、

「人生万事塞翁が馬なのだ。だったら先が見えなくても、自分のやりたいことをやろうではないか。それだったら、その結果が幸か不幸かどちらになっても耐えられる。」

 

今後、僕がやりたいことに挑戦していくなかで、「万事塞翁が馬」という言葉はとても考え方として大切な言葉になるだろう。

人生何が起こるかわからない。

だからやりたいことをやって、それが不幸なことでも、いずれは幸福なことが訪れるから心配せず、今をそしてこれからも楽しんでいこう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です