#178 正直な話

最近思う、自分はとても痛いやつだなって。

夢を語ってばかりで、具体的な話をしないとことか、この先のことを全然話さないから、言ってることが最初の頃と変わっていないことを実感する。

だから正直な話をする。

 

正直な話をすると、ワーホリビザで渡航し、現地で働きながら語学力をつけ、サッカー選手としてプレーしたい。

その後はある程度の語学力、海外で生活すること、サッカーすることに慣れ、能力を高め、アジアを中心にプロと呼ばれるカテゴリーでプレーすることが僕が本当にやりたいことである。

 

単純にワーホリで行く理由としては、サッカー以外で海外で働くこと、今後を考えた時に語学力は伸ばしたいという思いがあるから。

また、サッカーで全くダメだった時のある程度のリスク管理ができると思ったからである。

 

「サッカー馬鹿にはなりたくない」

僕が海外でやりたいという理由に、こういう思いも含まれている。

語学や海外経験、その他海外でしか得られないものを吸収し、サッカー選手としてはもちろん人として魅力的な人になりたいというのが本音。

こんな感じで、サッカー+αって感じでいろんなことをしたい。

この輪っかは何重にもなるだろうが、現在僕が重視したいのはこの3つ。

海外経験には働くことなども含まれている。

 

そうなった時に次に考えるべきことは、どこの国にワーホリに行くか。

英語圏で働けるところを考えた時に候補に挙がってくるのが、アイルランド、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、、、

その他いろいろある中で、オーストラリア、ニュージーランドに行きたかった。

 

しかし9月現在、両国とも外国人渡航者の入国規制があり、申請どころか国にも入れない状況。

その規制解除がいつになるのか不明確なところがあって、なかなか自分のビジョンが話せないでいた。

今はコロナが収まり、前のような状態が戻ることを願うしかないので、自分にやれることをやっているって感じ。

 

今まで「海外でプロサッカー選手」になりたいと言っていたが、その目標は変わらない。

けど、どういう過程で、どういう手段で取り組んでいくのか、詳しく話すと今日のような感じだし、サッカーだけで生きていきたいというわけではないのが正直なところ。

 

ちなみにこの前、イギリスのワーホリの抽選があったので、応募したところ見事落選。

まだまだ不明確なところが多く、不安もたくさんあるけど、今は自分がやれることをやるしかないので、いろんなところに目を向けて取り組んでいきたい。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です