#291 「したい」ではなく「する」

明日は天皇杯予選のブロック予選ということで、次に繋げる大切な試合。

あいにく明日も天気は悪く、今日のように寒いだろう。

 

勝てばオリプリ、それも勝てば関東リーグチームと。

強い相手に挑戦できるチャンスをものにしたい。

 

そのためにはまず明日の試合を落とさず勝つ。

勝ってオリプリでやって、関東リーグチームと試合するというのはチームの為というより、自分の為にという要素の方が強い。

 

こんなこというとよく思われないだろうが、チームの為に勝つわけではない。

自分の為に勝って、それがチームの為になればいいという考えである。

だから自分の欲を叶えられるように頑張ってこ。

 

少し前に「したい」と「する」では意味が全然違うという言葉を聞いたことがあった。

「したい」は願望。「する」は宣言。

 

「~したい」と言っている人は、「そうなったら嬉しい」という程度だから、他に誘惑があればそちらに移っていく。

 

「~する」は宣言、つまり周りとの約束。

なにがあっても叶える、そういった強制力があるのが「する」である。

 

「勝ちたい」ではなく、「勝つ」

「こうなりたい」ではなく「こうなる」

 

言葉は未来の行動を決めると言われている。

言葉の使い方1つで、良くもなるし悪くもなる。

 

無意識のうちに使っている言葉を見直し、自分はどうしたいのかどうなりたいか考えてこう。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です