【移籍】ポーランド下部リーグチームの探し方

このシーズンから新たに『Gavia Choszczno(ガヴィア ホシノ)』というポーランドⅣリーガ(ポーランド5部)のクラブに移籍しました。

今のクラブにはエージェントを仲介せず自分でクラブを探し、契約交渉も自分で行いました。

その過程で起きたことや気がついたこと、ここに来るまでの過程について書いていきます。

 

今回の記事では今後海外サッカー選手として挑戦したいと考えている選手

の何かヒントになればいいなと思います。

 

前所属クラブについては過去に書いていますので興味があればこちらも読んでみてください。

【海外サッカー選手】ポーランド5部リーグで半シーズンプレーしてみて【契約条件や待遇】

無名のサッカー選手が海外クラブとの契約に至るまで

ポーランド1年目キツかったときの話

 

スポーツ経験のある学生向け就職支援【アスリートエージェント】

シーズン終了地点での自分の現状

 

前に所属していたクラブで1シーズンを戦い終え、その地点での自分とクラブの現状をまずは説明する。

 

・クラブは6部に降格が決定

・自分のチームでのポジションはセンターバック(本職はMF)

・試合に来る人数が常にギリギリだった(シーズン中1試合だけ人が揃わず不戦敗になったことがあった)

・クラブは自分に移籍したほしくない(来シーズンはMFでプレーさせてあげるから残ってと言われた)

 

試合に負け続けようが、毎月約束した固定給を払ってくれてたし、住む場所もシーズン終了しても提供し続けてくれた(シーズン終了したら出てってねってところもある)からそういった自分たち外国人選手に対しての待遇はかなり良くしてくれてたから好きだった。

 

ただ6部でプレーするのは自分の中では厳しかったし、何よりこれ以上センターバックでプレーしたくなかったからクラブを移籍することにした。

 

降格した責任は自分にもあるのはわかっているけど、そこは人情とか云々で動かせれるあれではないと思う。

 

移籍するための4つの手段

ここから移籍のために動き出していくのだが、ポーランドに限らず海外で移籍する時にクラブを探すやり方は大きく4つある。

 

1.オファーをもらって移籍

2.人の紹介

3.エージェントを使う

4.自分で探す

 

一番良いのがクラブで活躍して他のクラブからオファーをもらって移籍することで、上のリーグにステップアップできたり、今よりも待遇が良いクラブに移籍できたりという話は聞く。

 

だから自分もオファーがもらえるようにと前シーズンは奮闘していたが、降格クラブでそこまで結果も残せてない小さなセンターバックの選手を欲しいなんてクラブはなかった。

 

クラブのディレクターにチームを紹介してもらおうとしたけど、移籍してほしくないから協力的ではなく、エージェントも現時点ではいなかったから自分でやるしかないと思いチーム探しが始まった。

 

クラブの見つけ方

自分がクラブを見つけるためにやったことは2つあって、1つはFacebookの専用の掲示板にクラブ探してるという書き込みをすること。

 

残念ながら、Facebookの掲示板の方は連絡は来るけど自分の条件とはマッチしなかったし、何より良いクラブはこんなところで選手探してないだろうなと気付いたのであまり活用しなかった。

ただ、書けば何かしら連絡くれるところもあるので人によっては良い方法かもしれない。

自分のプロフィールを書いてる

 

もう1つはシンプルにFacebookでクラブのアカウントに連絡するということ。

各地域のリーグ表を見て、片っ端から連絡を送る。

この地域がいいなとかこのクラブがいいなとかは全く関係なく、手当たり次第に。

 

送る内容は、クラブを探していてチームのトライアウトを受けたいという旨と自分の名前や国籍、ポジションなどサッカーで必要なことなど。

 

その時住んでいた地域から半日で行けそうな距離の地域のリーグで約70チーム(いずれもⅣリーガ)くらいに連絡を送った結果、返信をくれたのが10チームくらいで、そのうちトライアウトを受け入れてくれたのは4チームだった。

 

そのうちの1つのクラブの監督から直接連絡来て、練習に招待してくれた。

また仮に契約した時の契約内容も伝えてくれたのでこのクラブにいくことを決めた。

 

そのクラブこそ今回移籍した『Gavia Choszczno(ガヴィア ホシノ)』というクラブ。

 

そこから初練習、試合、契約交渉、契約まで、多少イレギュラーがあったもののかなりスムーズに決まった。

前に所属していたクラブの監督と知り合いで、自分のことをかなり推してくれてたみたいだったからここまでスムーズに話が進んだ。

 

この監督には感謝している。

 

 

 

チーム探しで気がついたこと

移籍は人との繋がりがかなり重要ということを理解した。

今のクラブに来れたのは前の監督が繋げてくれた縁だと思っている。

 

一方でⅣリーガ(5部)よりも上のリーグのクラブに行くためにはより強い人脈やコネクションがないとトライアウトのチャンスさえないということも同時に感じた。

 

自分は4部に移籍することをこの夏の目標にして、前シーズンをセンターバックであろうと与えられたポジションで必死で頑張った。

 

そうすればクラブが上のリーグのクラブを紹介してくれると思ったから。(クラブのダイレクターが上のリーグにコネクションを持っているとされてた)

 

結局ダイレクターに上のクラブに繋げてもらうことはできなかったし、そういうクラブを自分で見つけることもできなかった。

 

それは自分力不足だから仕方がないことだとわかっている。

ポーランドで1年プレーして2年目にステップアップを目標にしていたけどそれができなかった。

 

けどリーグカテゴリーはステップアップできなかったとしても環境を変えてクラブを変えて、また気持ち持って戦う必要があると思って移籍した。

 

またここから積み上げていき、結果を残し今よりも上のリーグを目標にまた頑張ればいい。

 

まとめ

今週からリーグが開幕します。

自分にとってはポーランド2シーズン目です。

 

今のクラブは前のクラブよりも一体感があり、良い人ばかりで練習だけでなくプライベートでも関わってくれて本当に良いクラブに来たと実感してます。

 

このクラブで勝利に貢献し、活躍できるよう頑張ります。

 

DAZN

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です