#169 次を考える

今日からイギリスのワーホリビザ、YMSの抽選が始まる。

枠が200人だけということで、かなり倍率は高いだろうが、応募しようと思う。

 

現在僕の心境として、ワーホリビザで渡航できる国>ヨーロッパのどこか>アジア、のいずれかのクラブでサッカーがしたいと考えている。

僕にとっての目標は「海外でプロサッカー選手になる」ことだが、それ以上に海外でサッカーをするというスタートラインに立つことが何より必要なこと。

だから、一番手こずるであろうビザの問題を最初に潰しておくためにも、ワーホリビザを取得できる国選びたい。

 

ワーホリビザで行くメリットとして、サッカーだけでなく、海外生活のキャリアアップも可能だということ。

ワーホリビザは現地で働くことも可能だ。

そのため、語学の成長、資金調達もでき、次のステップを考えられる。

今と変わらずアルバイトをしながらサッカーをすることになるけど、日本でやるのと違うのは語学の部分。

次のステップを考えられる点がメリットだと思う。

 

もちろんこれは僕の1つの考えに過ぎないので、もし応募して落選しても次の選択肢も考えているので、しょうがないかなと思う。

抽選は完全ランダムらしいから、なんとも言えないけど、当選すれば2年間の滞在が可能という激アツなビザだ。

サッカー発祥地イギリスでサッカーができれば、それはそれでかなり嬉しいこと。

とりあえず抽選結果を待ちたいと思う。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です