#396 強さを認める

本日トレーニングマッチの日。

相手は関東リーグ1部に所属するクラブ。

 

東京では緊急事態宣言の発令に伴い、東京都内でトレーニングマッチが組めないため、千葉に流れてくる傾向にある。

そのため、ここ最近は関東リーグに所属する都内のクラブとのトレーニングマッチが増えている。

 

当然チームのレベルも上がるわけだから、追い込まれる時間も多いし、自分の力不足も実感する。

自分だったら安牌にプレーするところを奴らは無理にでも前向いてプレーする。

 

そういったプレーの判断一つとっても、レベルの高さを感じる。

 

「自分たちは劣っている、相手の方がハイレベルを認めること」

 

高校生の頃、コーチにサッカーノートの提出があって、高校の時のチームメイトが、

「格上のチームでもいいサッカーができるよう頑張ろう」

みたいなことを書いてコーチに怒られていたのを思い出した。

 

「格上」という言葉が許せなかったらしく、プライドを持てみたいなこと言われていた気がする。

 

今思うと、それはおかしい考えだなと思う。

相手がどうであろうと、強い、上手い、レベル高いと思えば、それを認めて何が強くて上手いのか、研究し吸収することが重要だと思う。

 

自分の弱さを知り、相手の強さを認め、どうすればこいつらを上回れるか。

何事に置いても重要な考え。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です