#351 忘れかけていたこと

夜にたまたまテレビをつけたら、「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組で、自分の好きなお笑芸人のサンドウィッチマンの回だったので見ていた。

 

どんなときでも誰かを笑わせてあげたい

みたいなことを言っているのを聞いて、さすがだなと思いながら、自分にも誰かのためにという気持ちがあったことを思い出した。

 

日々過ぎていくときの中でただひたすら突っ走ってすっかり忘れていたけど、そもそも自分が海外に出てサッカーをやることは自分のためでしかないけど、

それと同等に自分が行動することで誰かに感動や勇気を与えられるような人になりたいと思っていた。

 

自分が10代の時に知りたかったようなことを共有してくれるような人になりたかった。

自分の行動で誰かに影響を与えられるような人になりたかった。

 

そんな大切なことを最近ずっと忘れていた。

ということをプロフェッショナル仕事の流儀を見て感じた。

 

まだ自分の挑戦は始まったばかり、というかスタート地点にすら立てていないかもしれない。

駆け抜けていく日々の中で、しっかり自分の目的を見失わず意識してやっていこう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です